menu

ジスロマックの飲み方。トラブルを招かないための正しい服用方法

成人がジスロマックを服用する際の正しい飲み方

成人の方に向けたジスロマックの正しい飲み方について解説します。

ジスロマックをはじめとした抗生物質を中途半端に服用すると、耐性菌をつくる原因になります。自己判断で服用を途中でやめるようなことは避け、用法・用量を正しく守りましょう。

成人用のジスロマックは3種類(錠剤・ドライシロップ・点滴剤)あり、治療の対象となる症状によって使用する薬剤や用法・用量は異なります。

クラミジア性の尿道炎や子宮頸管炎を治療する場合の飲み方

クラミジア性の尿道炎や子宮頚肝炎に対しては、錠剤タイプのジスロマック(250mg錠・500mg錠)または成人用のドライシロップの飲み方を紹介します。

どちらの飲み方も、高用量の有効成分を1度に服用することで血中の薬剤濃度を高め、病原菌に対して殺菌的に作用させることを目的としています。

ジスロマック錠250mg・500mg

錠剤タイプのジスロマックの場合は、アジスロマイシンとして1000mgを1回服用するだけです。つまり、250mg錠を使用する場合は4錠、500mg錠を使用する場合は2錠を服用することになります。この飲み方によって、効果は約10日間持続するとされています。

錠剤タイプのジスロマックは食事の影響を受けないため、食前・食後といった服用のタイミングを気にする必要はありません。

ジスロマック成人用ドライシロップ2g

アジスロマイシンが2000mg(2g)含まれているドライシロップは、容器に水(約60ml)を入れて混濁させてから1回で飲み切ります。しっかりと混ぜ合わせるためには、強めに振ることがポイントです。飲みほした後で容器の底に薬剤が残っていた場合は、改めて少量の水と混ぜ合わせて飲み切りましょう。

ジスロマック成人用ドライシロップは、空腹時の服用が望ましいとされています。そのため、服用する前後2時間の食事は避けましょう。

歯周病や副鼻腔炎など一般的な感染症を治療する場合の飲み方

次に紹介する歯周病や副鼻腔炎といった一般的な感染症の治療には、先に紹介したクラミジアの治療と同じく、錠剤または成人用のドライシロップを使用します。

歯周病などの一般的な感染症は、アジスロマイシンとして500mgを1日1回、3日続けて服用します。3日間で1500mg(1.5g)の有効成分を摂取することで、効果が約7日間にわたって持続するとされています。

こうした何日間かにわたる継続的な飲み方には、飲み忘れるリスクが伴います。もしジスロマックを飲み忘れてしまった場合は、1日が経過していなければ、気が付いた時点で速やかに1回分を服用しましょう。2回分をまとめて服用することは、思わぬトラブルを招く可能性があるため絶対に避けてください。

ジスロマックSR成人用ドライシロップは、クラミジアを治療するときと同じく、水と一緒に薬剤を混ぜ合わせてから1回で飲み切ります。

その他の疾患を治療する場合の飲み方

骨盤内炎症性疾患

ジスロマック注射剤(500mg)を、1日1回、2時間かけて点滴静注により投与した後、経口内服型のジスロマックに切りかえられます。どちらの薬剤も、服用期間については医師の判断により決定されます。

後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症

ジスロマック錠600mgは、後天性免疫不全症候群(エイズ)に伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス(MAC)症の治療に有効です。服用する目的によって飲み方は2つあり、必ず医師から指導された内容を守り、正しく服用しましょう。

【発症抑制を目的とする場合】
通常、成人の方が使用する場合、1回あたりアジスロマイシンとして1200mgを週1回服用します。つまり、ジスロマック600錠を1回あたり2錠服用することになります。
【治療を目的とする場合】
通常、成人の方が使用する場合、アジスロマイシンとして600mgを1回服用します。

小児がジスロマックを服用する際の正しい飲み方

小児用のジスロマックは、細粒錠とカプセルの2種類があります。どちらも、小さいお子さまに発症することの多い、扁桃腺炎や中耳炎を治療する場合に処方されます。

新生児に対する安全性は確立されていないため、服用する前に必ず医師に相談してください。また、服用を開始した日から4日目に症状の改善が見られない場合は、医師への相談を行い他の薬剤への切り替えを検討しましょう。

小児が服用するジスロマックの量は体重によって変わります。

体重が15kg以上ある小児に対して分包製品を服用する場合の目安

体重が15kg以上ある小児に対しては、ジスロマック小児用細粒またはカプセルを、1日1回、3日間にわたって使用します。1回あたりに飲む量の目安は次のとおりです。

体重 服用する有効成分量 カプセルまたは袋の数
15~25kg 200mg 2
26~35kg 300mg 3
36~45kg 400mg 4
46kg~ 500mg 5

※1日あたりのアジスロマイシンとして服用できる上限は500mgまでとなります。

体重が15kg未満(~14.9kg)の小児に対しては必ずジスロマック小児用細粒を使用

体重1㎏あたり、ジスロマック細粒をアジスロマイシンとして10mgを1日1回、3日間にわたって服用します。たとえば、体重が13kgのお子様に服用させる場合は「アジスロマイシン10mg×13(kg)=アジスロマイシン130mg」となります。

ジスロマック細粒の苦みを上手に減らしてあげるコツ

先に紹介したとおり、小児用のジスロマック細粒は水またはぬるま湯で服用するのが一般的です。しかし、苦みが強いため、通常の飲ませ方では、お子さまが苦みに耐え切れず途中で飲むのをやめてしまうケースが考えられるのです。次にあげる内容を参考にして、お子様がスムーズに飲めるよう工夫しましょう。

【ジスロマックの苦味を緩和させる食べもの・飲みもの】
バニラやチョコ味のアイスクリームやシュガーミルクなど脂肪分が多く甘味のある食品は、ジスロマックの苦みを緩和させます。
【ジスロマックの苦味を強調させる食べもの・飲みもの】
柑橘系のジュース類は、ジスロマックの苦みを強めてしまうため注意しましょう。また、固形のヨーグルトや乳酸飲料といった酸味のあるものも避けておきましょう。

ジスロマック500mgの価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(3錠) 4480円 - 1493円 カートに入れる
3箱(9錠) 11635円 3878円 1292円 カートに入れる
7箱(21錠) 25622円 3600円 1220円 カートに入れる

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.