menu

ジスロマックとの併用に注意が必要な薬と飲み合わせ可能な市販薬

ジスロマックとの飲み合わせに注意が必要な4つの薬

抗凝固薬「ワルファリン」との飲み合わせ

ワルファリンとは、血液の凝固を阻害する作用がある血栓症の予防などに用いられる薬です。ジスロマックと飲み合わせることで相互作用を招く可能性は否定できないため、併用するにあたっては注意が必要です。ジスロマックが属するマクロライド系の抗生物質には、薬剤を代謝させる肝臓の酵素(チトクロームP450)の働きを阻害する作用があります。

強心剤「ジゴキシン」との飲み合わせ

ジゴシキンは、心臓の収縮力を高めて血流を改善する作用のある心不全の治療薬です。ジスロマックを飲み合わせると、ジゴシキンの成分が肝臓で代謝される速度が落ちる可能性があります。ジゴシキンが血中濃度が高まると、中毒症状を引き起こす場合があるため注意が必要です。

抗ウイルス薬「メシル酸ネルフィナビル」との飲み合わせ

メシル酸ネルフィナビルは、エイズウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬です。2つの薬を飲み合わせることで、ジスロマックの有効成分が正常に代謝されなくなる可能性があります。アジスロマイシンが正常に代謝されなくなると、下痢や吐き気などの副作用がおこりやすくなります。

抗生物質「シクロスポリン」との飲み合わせ

シクロスポリンとは、低タンパク血症や高脂血症といった腎臓の病気や、複数の臓器に炎症が起こす膠原病(こうげんびょう)の治療に用いられる薬です。ジスロマックと飲み合わせることで、シクロスポリンの血中濃度が高まりやすくなります。シクロスポリンの血中濃度が高まると、腎臓や肝臓の障害を引き起こす可能性が高くなります。

ジスロマックと他の抗生物質を飲み合わせると相互作用を招く!

ジスロマックと他の抗生物質の飲み合わせると、血中の成分濃度が必要以上に高まり相互作用を招く可能性があります。作用が増強し過ぎることで、副作用の発生頻度が高まるだけでなく重篤な症状を招きやすくなります。

ジスロマックの作用は長時間にわたって持続します。そのため、他の抗生物質への切り替えを検討される場合は、必ず医師に相談し切り替え時期などの指導を受けましょう。

過去に処方された複数の抗生物質が手元に残っている場合は、間違っても自分の判断だけで併用しないよう注意してください。

ジスロマックと市販薬との飲み合わせについて

風邪薬・頭痛薬とジスロマックの作用は重複しないため問題なく併用できる

バファリンやイブAといった市販の頭痛薬と、テトラサイクリン系やニューキノロン系の抗生物質の併用には注意が必要です。しかしながら、ジスロマックは相互作用の少ないマクロライド系の抗生物質は、市販の風邪薬や頭痛薬と作用が重複しないため飲み合わせても問題はありません。

制酸剤との飲み合わせることでジスロマックの効き目が薄まる可能性がある

制酸剤とは胃薬の一種であり、胃酸を中和させる作用があります。水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウムを含む制酸剤とジスロマックを飲み合わせると、抗菌作用が低下する可能性があるため注意が必要です。併用を検討されている方は、必ず医師または薬剤師への相談を事前に行いましょう。

整腸剤は抗生物質との併用を想定されて開発されたものを選ぶ

ジスロマックの成分が吸収される際に、腸の働きを整える善玉菌を殺してしまい、下痢などの胃腸症状を招きやすくなります。こういった症状には、抗生物質に耐性をもった市販の整腸剤が有効です。抗生物質に耐性のある乳酸菌が含まれた整腸剤としては、「ビオフェルミンR」などが有名です。


ジスロマック500mgの価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(3錠) 4480円 - 1493円 カートに入れる
3箱(9錠) 11635円 3878円 1292円 カートに入れる
7箱(21錠) 25622円 3600円 1220円 カートに入れる

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.