menu

ジスロマックとアルコールの相性は最悪!服用期間中の飲酒は絶対に厳禁

健康を保つうえで適度な飲酒は推奨されていますが、ジスロマックの服用期間中のアルコール摂取は“百害あって一利”なしです。

このページでは、ジスロマックとアルコールの同時摂取の危険性について解説しています。

ジスロマックを服用中にアルコールを摂取すると肝臓や腎臓への負担が増える

ジスロマックの有効成分やアルコールは肝臓や腎臓で代謝されます。そのため、その2つを同時に摂取することで、それぞれの臓器にかかる負担が増えるのです。

可能性は少ないですが、ジスロマックの副作用には肝臓や腎臓の障害も報告されています。また、アルコールを摂取すると血流が良くなります。そうなると、尿道や膣内におこった炎症を強めてしまうことも考えられます。

なるべく余計なトラブルを招く可能性を少なくするためにも、ジスロマックとアルコールの同時摂取は避けましょう。

アルコールの血中濃度が高まるほどにジスロマックの効き目が薄くなる

ジスロマックの薬効は、血中での成分濃度が一定以上の水準に達することで発揮されます。しかし、お酒を飲むことでアルコールが血中に取り込まれると、有効成分の血中濃度は低くなるのです。その結果、身体に感染した細菌の増殖を十分に抑えられなくなります。

ジスロマックを使用する上で最も避けなければならないのが、病原菌を中途半端に攻撃することです。病原菌を短期間で一気に死滅させないと、薬剤に対する抵抗力(耐性)を強めてしまう恐れがあります。

ジスロマックの適応症であるクラミジアや歯周病の原因菌に耐性がつくと、次のような変化が起こります。

  • 細胞内に侵入した成分を分解する
  • 成分が細胞内に侵入するのを防ぐ
  • 細胞の外に成分をくみ出す
  • 有効成分の標的が変わる

クラミジアの第一選択薬であるジスロマックが効かなくなると、比較的に有効性が低い他の抗生物質を使用せざるを得なくなります。

ジスロマックの服用を開始した日から2週間程度は飲酒を控える

体質によって若干の個人差はありますが、ジスロマックの薬効は1回の服用で7~10日間にわたって持続します。そのため、ジスロマックの服用後2週間はアルコールの摂取を控えましょう。

クラミジアの治療においては、先に紹介した細菌の耐性化に加えて、性行為による他者への2次感染を予防することにもつながります。お酒を飲む量にもよりますが、アルコールを摂取すると普段に比べて正常な判断がきかなくなります。お酒を飲んだ勢いで性行為におよんでしまい、感染を広げてしまうケースは少なくないのです。

どうしても飲酒が避けられない場合の対処法は?

ジスロマックとアルコールの相性が悪いとはわかっていても、仕事の付き合いなどで飲酒が避けられない場合もあると思います。そういった場合は、お酒を飲む前に十分な水分を摂取したり、なるべく薄めのカクテルを少量だけ飲むなどして対処しましょう。薄めのお酒であっても、短時間で一気に飲んでしまうとアルコールの血中濃度は急激に上昇してしまうため注意が必要です。

【アルコールの分解を助ける食材】

豚肉やレバー、豆類(大豆・そら豆など)、パプリカには、アルコールの分解を助けるビタミンB1が豊富に含まれています。お酒を飲まざるを得なくなった場合は、飲酒量を控えることに加えて、ビタミンB1を豊富に含む食材を積極的に食べるよう心がけましょう。

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD All Rights Reserved.