menu

バルトレックスの飲み方を正しく理解してヘルペスウイルスの活性化を抑える!

単純ヘルペスの治療を目的としたバルトレックスの飲み方

単純ヘルペスの治療や発症予防を目的としたバルトレックスの飲み方について紹介します。

飲み方①
5~10日間の服用で性器や口にあらわれた単純疱疹を鎮める

単純ヘルペスウイルスによる単純疱疹を鎮めるためには、バルトレックスをバラシクロビルとして500mgを1日あたり2回服用します。

服用期間は5日間が基本となり、症状に目立った変化がなかったり悪化してしまう場合は、医師の指導の元に他の薬剤の使用を検討しましょう。

重症化してしまうことが多い初発型の性器ヘルペスは、最大10日間まで服用を続けることができるとされています。

単純ヘルペスの治療においては、症状が確認できしだいバルトレックスを早めに服用することが大切です。

飲み方②
1年間を目安に服薬し続けることで性器ヘルペスの再発頻度を減らす

性器ヘルペス(単純ヘルペス2型)は、再発しやすいという特徴をもっています。再発頻度には個人差があり、年間をとおして1~2回しか発症しない方もいれば、月に数回のペースで発症する方など様々です。

再発の抑制を目的とした場合は、バルトレックスをバラシクロビルとして500mgを1日1回、1年間を目安として継続的に服用します。この飲み方は対象となるのは、年間をとおして6回以上の頻度で再発する方です。

1日あたりの用法・用量が変わる2つのケース

性器ヘルペスの再発抑制を目的としてバルトレックスを服用する場合、状況によってような以下にあげる飲み方を検討する必要があります。

【服用期間中に性器ヘルペスが再発してしまった場合】

バルトレックスを飲み続けているにもかかわらず、性器ヘルペスが頻繁に再発するようであれば、医師からの指導を元に1日あたりの用量の変更を検討しましょう。飲み方の変更パターンは以下の2つです。

  • バルトレックスをバラシクロビルとして1回250mgを1日2回
  • バルトレックスをバラシクロビルとして1回1000mgを1日1回
【HIV感染症にかかっている場合】

HIV感染症にかかると免疫力が低下します。免疫力のレベルを測る目安であるCD4値(血液1立方メートルあたりのCD4リンパ球数)が100以上ある方は、バルトレックスをバラシクロビルとして1回500mgを1日2回服用します。ただし、服用方法の変更は必ず医師に相談のうえ検討しましょう。

飲み方③
造血幹細胞移植(ぞうけっかんさいぼういしょく)の前後に服用することで単純ヘルペスの発症を防ぐ

バルトレックスは、「造血幹細胞移植(ぞうけっかんさいぼういしょく)」を行う前後の単純ヘルペス発症を抑制するために用いられることがあります。

造血幹細胞移植を行う前後における飲み方は、バラシクロビルとして1回500mgを1日2回、移植を行う7日前から移植して35日後までの42日間にわたって服用します。

帯状疱疹・水痘の治療を目的としたバルトレックスの飲み方

帯状疱疹や水痘の治療では、バルトレックスをバラシクロビルとして1回あたり1000mgを1日3回、7日間にわたって服用します。ただし、小児の水痘の治療における服用期間は5日間となります。

症状が改善しなかったり発症初期より状態が悪くなった場合は、医師の指導の元にバルトレックス以外の薬剤への切り替えを検討しましょう。

発症から服用開始までの期間が短いほど高い効き目が得られる

帯状疱疹や水痘の症状を効率的に鎮めるためには、なるべく早めにバルトレックスを服用しましょう。薬剤の抗ウイルス作用を最大限に引き出すことができます。

帯状疱疹の治療する場合は、遅くとも皮膚に疱疹があらわれてから5日以内にバルトレックスの服用を開始しましょう。一方、水痘の治療では、皮膚に疱疹があらわれてから2日以内の服用開始が望ましいとされています。


バルトレックス500mgの価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(10錠) 3680円 - 368円 カートに入れる
2箱(20錠) 6661円 3330円 333円 カートに入れる
3箱(30錠) 9558円 3186円 318円 カートに入れる

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.