menu

バルトレックスのジェネリックを常備してヘルペスの再発に賢く備える

バルトレックスジェネリックの価格について

日本製のバルトレックスのジェネリックは、30社以上の製薬メーカーによって製造されており、1錠あたりの価格は189~220円です。バルトレックスの価格は1錠あたりの価格が406円であるため、ジェネリックであれば薬代を半額程度に節約できます。

バルトレックスの日本製ジェネリックはネットや薬局で購入できません。

一部の医薬部外品や大衆薬はネットでも購入できますが、処方薬であるバルトレックスのジェネリックは市販されていません。つまり、国内で製造されているバルトレックスジェネリックは、先発品と同じく病院で処方を受けないと手に入らないのです。

性器や口に発症する単純ヘルペスは、一度かかってしまうと完治させることができません。そのため、治療薬を使用して症状を抑えたとしても、体調の変化によって頻繁に再発する可能性があるのです。

単純ヘルペス発症時の治療においては、5日分の量しか処方してもらえないうえ、症状がない場合は保険が適応されません。単純ヘルペスの治療は、年6回以上の頻度で再発しないかぎり、無症状での治療は自費診療となります。

専門医の指導を受けられるメリットがある反面、再発に備えて希望する量を手元に置いておけないというデメリットがあります。

処方箋がなくても入手できるバルトレックスの海外製ジェネリック

海外製のジェネリックであれば、ネットで注文すれば希望する量を自宅に取り寄せることができます。そのため、いつおとずれるかわからない再発に備えておきたい方にとっては、利用価値は非常に高いといえるでしょう。

バルトレックスの人気ジェネリック「セントレックス」

セントレックスは、ジェネリック薬の製造が盛んなインドの製薬会社センチュリオンラボラトリーズ社製の抗ヘルペスウイルス薬です。国内で製造されているジェネリック薬と同じ有効成分が含まれています。

セントレックスは、1錠あたりに500mg含まれているものと、1000mg含まれているものの2種類があります。それぞれの価格は次のとおりです。


セントレックス500mg(バルトレックスジェネリック)の価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(10錠) 2980円 - 298円 カートに入れる
2箱(20錠) 4887円 2443円 244円 カートに入れる
3箱(30錠) 6666円 2222円 222円 カートに入れる

セントレックス1000mg(バルトレックスジェネリック)の価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(10錠) 3980円 - 398円 カートに入れる
2箱(20錠) 6527円 3263円 326円 カートに入れる
3箱(30錠) 8902円 2967円 296円 カートに入れる

薬代だけで比較すると、病院で処方されるバルトレックスのジェネリックよりも若干割高です。しかし、診察料や処方せん料など、薬代以外の費用がかからないため治療費の総額は病院と比べると割安になります。

セントレックスの服用方法はバルトレックスと同じ

単純ヘルペスを治療する場合のセントレックスの服用方法は、初発時・再発時ともにバルトレックスと同様です。1回あたりバラシクロビルとして500mg錠を1日2回を、5日間続けて服用します。

単純ヘルペスの再発を抑制するための服用方法は、バラクロシビルとして500mgを1日1回服用します。患部がピリピリ、チクチクするなど、再発の兆候があらわれたら、早めにセントレックスを服用することで症状を抑えることができます。

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.