menu

バルトレックスはヘルペスの治療と予防に抜群の効果を発揮する!

バルトレックスがヘルペスウイルスの活性化を効果的に抑えるメカニズム

バルトレックスには、性器ヘルペスや帯状疱疹、水痘が発症する原因となる、ウイルスの活性化を効果的に抑えます。

それぞれの病原体は、細胞内にあるDNAの複製を担っている酵素(DNAポリメラーゼ)が正常に働くことで増殖します。バルトレックスの主成分には、DNAポリメラーゼの働きを邪魔する作用があるのです。

DNAポリメラーゼは人の細胞にも存在しますが、バルトレックスの有効成分は病原体の酵素だけに作用するため安全です。

バルトレックスの有効成分は腸からの吸収性が良く、従来のヘルペス治療に用いられていた薬に比べて高い効果が得られます。

皮膚におこる単純ヘルペス・帯状疱疹の症状を抑え込むバルトレックスの効果

バルトレックスには、性器や口唇におこる単純ヘルペスや帯状疱疹の病原体が活性化することで皮膚におこる症状を抑える効果があります。

バルトレックスの有効成分は神経節に感染した病原体には届きません。

現在のところ、バルトレックスは単純ヘルペスや帯状疱疹に最も有効な薬として知られています。しかし、神経節に感染した病原体を完全に死滅させる効果はありません。

バルトレックスの効果は、血中に取りこまれた有効成分が患部に運ばれることで発揮されます。そのため、血管が通っていない神経節に潜んでいる病原体には、薬剤自体が届かないのです。

バルトレックスを正しく活用すれば性器ヘルペスの再発頻度は減らせる

バルトレックスを長期的に毎日服用し続けることで、性器ヘルペスの再発を効果的に抑えることができます。これを再発抑制療法といい、年に6回以上の再発が認められた場合に限り、健康保険が適応されます。日本性感染症学会が発行している性器ヘルペス治療のガイドラインによると、対象患者の60~70%に改善効果があったとされているのです。

ただし、バルトレックスの再発を抑制する効果は、症状があらわれてから1日以内に服用しないと得られません。症状があらわれてから6時間以上が経過した状態で服用すると、バルトレックスの再発抑制効果が5分の1ていどに減ることも確認されています。

そのため、ヘルペスの再発を抑制するバルトレックスの効果を最大限に発揮させるためには、症状があらわれる予兆を感じたタイミングで使用することが重要です。また、性器ヘルペスの再発を抑える効果は、服薬をやめると途切れてしまいます。

服用期間については、身体にあらわれている症状によってこじん差があります。そのため、再発抑制を目的としてバルトレックスの使用を検討されている方は、医師の指導のもとに正しく服用することを心がけましょう。

ヘルペスの症状を短期間で鎮めるなら外用薬よりバルトレックスの方が効果的!

ヘルペスの治療薬には、バルトレックスのような飲み薬だけでなく、局所に直接塗布するタイプの外用薬もあります。

外用薬は、市販されているものも含めると相当数ありますが、どれも病変がおこっている部位を保護する程度の効果しか期待できません。つまり、治療期間を短縮させるような効果は期待できないのです。

バルトレックスと外用薬の併用を検討される方も少なからずいらっしゃると思います。しかし、バルトレックスと外用薬の併用は多くの場合で保険適応の対象外となるため注意が必要です。

なるべく短期間で効率的にヘルペスの症状を抑えるならば、現時点でヘルペスウイルスに対して最も高い効果を発揮するバルトレックスを使用するのがベストです。


バルトレックス500mgの価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(10錠) 3680円 - 368円 カートに入れる
2箱(20錠) 6661円 3330円 333円 カートに入れる
3箱(30錠) 9558円 3186円 318円 カートに入れる

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.