menu

バルトレックスはヘルペスウイルスを強力に抑え込む新型の治療薬

バルトレックスは【塗り薬より効く】ヘルペス治療の第一選択薬

バルトレックスは、性器や口唇をはじめ全身におこるヘルペス治療で第一選択されている内服型の抗ウイルス薬です。発症時の早期治療はもちろん、発症そのものを予防することもできます。

バルトレックスをはじめとした内服型のヘルペス治療薬は、皮膚の表層面にしか作用しない塗り薬よりも有効です。そのため、重症化や免疫不全者を除くヘルペス治療では、内服薬を第一選択することが原則とされています。

バルトレックスを服用することで、ヘルペス発症時の症状を最短5日で改善できます。また、発症の兆候を感じた時点で素早く服用することで、発症そのものを抑えることができるのです。

バルトレックスは、ゾビラックスという世界初のヘルペス治療薬を改良したプロドラッグです。有効成分の吸収率が向上したことにより持続性が高まり、少ない用量で同等の効果が得られます。

臨床試験で実証されたバルトレックスの抗ウイルス作用

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルの抗ウイルス作用は、承認時の臨床試験で実証されています。成人のヘルペス患者を対象とした試験結果は次のとおりです。

バルトレックスの有効率
治療の対象 有効率
初発・再発時の単純ヘルペス感染症 90%
性器へルペスの再発予防 69%
帯状疱疹 89%

性器や唇にヘルペスの症状があらわれた患者40人がバルトレックスを服用した結果、90%にあたる36人の症状が改善しています。

性器へルペスを対象とした臨床試験は、免疫機能が正常な患者288人を対象に行われました。約4ヶ月にわたりバルトレックスを服用した結果、約69%にあたる198人の症状が改善されています。

また、帯状疱疹に対する臨床試験は、発症から72時間以内の患者55人を対象に実施され、89%にあたる49人の症状が改善されています。

治療の目的に応じたバルトレックスの正しい飲み方

臨床試験でも証明されているとおり、バルトレックスは「単純ヘルペス」と「水痘・帯状疱疹ウイルス」の2種類のヘルペスウイルスに有効です。そしてバルトレックスの飲み方は、それぞれのをウイルスを病原とする疾患により大きく2つに分けられます。

バルトレックス錠の種類は「500mg錠」と「1000mg錠」の2つあります。飲み間違いをおこさないよう正しく服用するには、症状に応じて適した錠剤を選択することが大切です。

性器・口唇へルペスの治療に適した「500mg錠」の飲み方

性器・口唇へルペスの治療におけるバルトレックス錠の用量は、通常1回あたり有効成分として500mgです。そのため、性器・口唇へルペスの治療には、1回あたりで1錠を服用すればいい500mg錠が適しているといえます。

初発・再発時の治療を目的とした飲み方

服用の目的 1日あたりの用量 服用期間
初発時の治療 1回1錠を1日2回 5~10日
再発時の治療 1回1錠を1日2回 5日

ヘルペスの初発・再発時におけるバルトレックスの服用期間は5日間が基本となります。初発時は症状が強くなることがあり、最大10日間にわたり服用する場合もあります。発症してから24時間以内に服用しましょう。

性器へルペスの再発予防を目的とした飲み方

服用の目的 1日あたりの用量 服用期間
性器へルペスの再発予防 1日1錠1日1回 最大1年

性器へルペスが年6回以上の頻度で再発する方を対象として、1年間を目安に症状の有無に関わらずバルトレックス500mgを毎日服用する治療法が承認されています。

また、ヘルペスが再発する前兆(局所の違和感・うずくような痛み)があった場合、バルトレックスを6時間以内に服用することで発症を予防できる場合があります。バルトレックスの有効性は、前兆から服用までの時間が短いほど高くなります。

バルトレックス500mg錠【1箱10錠:5日分】を通販で注文

水痘・帯状疱疹の治療に適した「1000mg錠」の飲み方

水痘・帯状疱疹の治療におけるバルトレックス錠の用量は、通常1回あたり有効成分として1000mgです。そのため、水痘・帯状疱疹の治療には1回あたりで1錠を服用すればいい1000mg錠が適しているといえます。

バルトレックス1000mg錠の飲み方
服用の目的 1日あたりの用量 服用期間
水痘・帯状疱疹の治療 1回1錠を1日3錠 7日間

バルトレックス1000mg錠【1箱21錠:7日分】を通販で注文

バルトレックスの副作用と重大なトラブルを避けるための注意点

臨床試験で確認されているバルトレックスの主な副作用は、頭痛、眠気といった神経の症状や、腹痛や吐き気といった胃腸の症状です。また、肝臓の検査値が変動したり、尿が出づらくなるなど腎臓の副作用も確認されています。

とはいえ、これらの副作用は一時的なものであり、血液中の有効成分濃度が薄まるにつれてなくなります。バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルの血中濃度は、服用してから3~4時間で半減します。

バルトレックスの服用期間中に、乗り物の運転や高所で作業は十分に注意しましょう。また、万が一副作用が長引くようであれば、速やかに医師または薬剤師に相談しましょう。

腎臓の疾患を抱えている方や高齢者の方は薬剤の代謝が遅くなる

薬の成分は腎臓を経て尿から排出されます。そのため、腎臓の疾患を抱えている方や、内臓機能が衰えている高齢者の方は、必ず医師への相談を行ったうえで服用を検討しましょう。

薬の成分は腎臓を経て尿から排出されます。そのため、腎臓の疾患を抱えている方や高齢の方は、バルトレックスの服用時は適度な水分補給を心がけることが大切です。

腎臓が正常に働いていない状態でバルトレックスを使用した場合、健全な方に比べて成分が体内に長く留まりやすくなります。つまり、服用間隔を通常よりも延ばさないと、薬剤を過剰に摂取している状態を招きやすくなるのです。

バルトレックスとの飲み合わせに注意が必要な薬

バルトレックスは、次に紹介する薬と飲み合わせると副作用の発生頻度が高くなります。

        
  • プロベネシド製剤(痛風や高尿酸血症の薬)
  • シメチジン製剤(胃炎や胃潰瘍の薬)
  • ミコフェノール酸モフェチル製剤(免疫抑制の薬)
  • テオフィリン製剤(喘息や気管支炎の薬)
  •         

喘息や気管支炎の治療に用いられるテオフィリン製剤とバルトレックスを併用すると、テオフィリンの中毒症状を起こす可能性があります。

また、その他の薬とバルトレックスを併用すると、有効成分の代謝が遅れてしまい副作用の発生頻度を高まることがあります。

性器ヘルペスの再発に備えてバルトレックスを常備する方法

バルトレックスは病院で処方してもらえますが、基本的には1回の治療に必要な最低限の量しか手に入りません。バルトレックスは医療用の医薬品なので当然とはいえ、これを不便だと感じている方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

バルトレックスは、医薬品を専門的に取りあつかう通販サイトを利用すれば、「処方箋なし」で「必要な量」を「いつでも」入手できます。

バルトレックスの通販なら診察料や通院費をかけずに必要な量を常備できる!

バルトレックスの通販サイトとは、医薬品を個人で輸入するために必要な煩わしい手続きを代行してくれるサービスです。購入者本人だけが利用する場合にかぎり、バルトレックスなど医薬品の個人輸入は法律で認められています。

        
バルトレックスの通販を利用されている方の特徴
薬は必要だけど通院する時間がない
対面での診断に精神的苦痛を感じる
診察料や通院費など薬代以外のコストを節約したい
        

利用方法は一般的な通販サイトと同じで、希望する商品の個数を指定して配送・支払い情報を入力するだけです。

バルトレックス500mg錠【3箱セット30錠:15日分】を通販で注文

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.