menu

バルトレックスはヘルペスウイルスを強力に抑え込む新型の治療薬

バルトレックスは、世界6位の販売シェアを誇るイギリスの製薬会社「グラクソ・スミスクライン」社製の抗ウイルス薬です。

日本性感染症学会が発行する治療ガイドラインでは、単純ヘルペスや水痘・帯状疱疹に対して第一選択すべき薬として推奨されています。

有効成分「バラシクロビル」の画期的な特徴

バルトレックスの有効成分である「バラシクロビル」は、従来のヘルペス治療で主に用いられていたアシクロビル(商品名:ゾビラックス)を改良するかたちで開発されました。アシクロビルの成分構造にバリンというアミノ酸を加えたことで、腸からの吸収効率が飛躍的に向上しているのです。

血中に取りこまれる有効成分の量は従来品の2.5倍以上!

バルトレックスの効果は、腸から吸収されたバラシクロビルが肝臓で代謝され、アシクロビルに変換されることで発揮されます。アシクロビルを内服した場合、体内に吸収される割合は最大でも20%ていどでした。一方、吸収効率が改善されたバラシクロビルを内服した場合は、54%の割合で体内に吸収されます。

従来の薬に比べて服用回数が少なくて済む

1回あたりの内服で吸収される成分量が増えたことにより、従来の薬よりも少ない服用回数で同等の効果が得られるのです。従来の薬の服用回数が1日3~5回なのに対して、バルトレックスは1日2~3回の服用で済みます。これは、飲み間違い・飲み忘れを防ぐうえでの大きなメリットとなります。


バルトレックス500mgの価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(10錠) 3680円 - 368円 カートに入れる
2箱(20錠) 6661円 3330円 333円 カートに入れる
3箱(30錠) 9558円 3186円 318円 カートに入れる

ヘルペスの症状を効果的に抑えるバルトレックスの正しい用法・用量

バルトレックスの服用方法は感染したヘルペスウイルスの種類によって違います。次に紹介するのは、成人におこる症状を抑えるための服用方法です。

単純ヘルペスウイルスに感染した場合の服用方法

性器や口にあらわれる単純ヘルペスに対しては、発症するタイミングや頻度によって服用方法が変わります。

【初発時】

性器や口に単純ヘルペスの症状が初めてあらわれた場合は、バラシクロビルして500mgを1日2回(朝と夜)、5日間にわたって服用します。5日間の服用で症状が収まりきらない場合、最長で10日間にわたって服用することが可能とされています。

【再発時】

性器ヘルペスが再発した場合は、バラシクロビルとして500mgを1日2日(朝と夜)、5日間にわたって服用します。頻繁に再発する場合は、バラシクロビルとして500mgを1日1回服用します。1年をめどに服用を続けることで、再発頻度や症状を大幅に改善できるとされています。

水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した場合の服用方法

水痘・帯状疱疹ウイルスに感染した場合、バラシクロビルとして500mgを1日3回(朝・昼・夜)服用します。服用期間は、帯状疱疹の場合は7日間、水痘の場合は5~7日間となります。帯状疱疹の場合は皮膚の症状があらわれたタイミングから5日以内、水痘の場合は2日以内に服用をスタートさせることが望ましいとされています。

バルトレックスの副作用と重大なトラブルを避けるための注意点

バルトレックスの副作用として報告されているものには、下痢・吐き気・腹痛があげられます。これらの胃腸症状は、バルトレックスの有効成分が血中に取りこまれてから排出されるまでに、通常よりも多くの負担を消化器官へかけることが原因と考えられます。眠気や頭痛といった症状もバルトレックスの服用として報告されているため、乗りものを運転や高所で作業することが多い方は十分な注意が必要です。

飲み合わせに注意が必要な薬

バルトレックスは、次に紹介する薬と飲み合わせると副作用の発生頻度が高くなります。

  • プロベネシド製剤(痛風や高尿酸血症の薬)
  • シメチジン製剤(胃炎や胃潰瘍の薬)
  • ミコフェノール酸モフェチル製剤(免疫抑制の薬)
  • テオフィリン製剤(喘息や気管支炎の薬)

喘息や気管支炎の治療に用いられるテオフィリン製剤とバルトレックスを併用すると、テオフィリンの中毒症状を起こす可能性があります。

また、その他の薬とバルトレックスを併用すると、有効成分の代謝が遅れてしまい副作用の発生頻度を高まることがあります。

腎臓の疾患を抱えている方や高齢者の方は薬剤の代謝が遅くなる

腎臓の疾患を抱えている方や、内臓機能が衰えている高齢者の方は、必ず医師への相談を行ったうえで服用を検討しましょう。腎臓が正常に働いていない状態でバルトレックスを使用した場合、健全な方に比べて成分が体内に長く留まりやすくなります。つまり、服用間隔を通常よりも延ばさないと、薬剤を過剰に摂取している状態を招きやすくなるのです。こういった事態を避けるためにも、服薬中は適度な水分補給を心がけましょう。

性器ヘルペスの再発に備えてバルトレックスを常備する方法

病院処方では“ある条件”を満たさないと最低限の量しかバルトレックスを処方してもらえません。

バルトレックスの処方をは、ヘルペスウイルスへの感染がされると処方してもらえます。口唇ヘルペスの場合は、5日間分のバルトレックスの処方を受けることができます。性器ヘルペスの初発時や再発時も同様です。5日間で症状が改善しない場合は最大10日間分のバルトレックスが処方される場合もあります。

性器ヘルペスは再発を繰り返しやすいという性質があります。1年に6回程度以上の頻度で再発する場合は、再発抑制を目的とした処方例もあります。つまり、その条件を満たさないかぎり、再発を予防するためにバルトレックスを常備することはできないのです。

バルトレックスの人気ジェネリック「セントレックス」

当サイトでは、バルトレックスと同じ有効成分が配合されたジェネリック医薬品「セントレックス」を取り扱っています。

再発の予防を目的として、長期にわたってバルトレックスを服用する場合、かなりの費用がかかります。

費用の節約をお考えの方は、先発医薬品と同等の効果を割安に得られるジェネリック医薬品の使用を検討されてみてはいかがでしょうか。


セントレックス500mg(バルトレックスジェネリック)の価格表
購入数 合計価格 1箱あたりの
単価
1錠あたりの
単価
カートへのリンク
1箱(10錠) 2980円 - 298円 カートに入れる
2箱(20錠) 4887円 2443円 244円 カートに入れる
3箱(30錠) 6666円 2222円 222円 カートに入れる

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.