menu

クラミジア検査は病院だけでなく保健所や自宅でも可能!

クラミジア検査が受けられる診療科と受診するタイミング

性器クラミジアの検査を確実に受けることができる診療科は、性感染症を専門的に取りあつかう「性病科」です。生活圏に性病科がない場合は、男性であれば泌尿器科、妊娠していない女性であれば婦人科を受診しましょう。妊婦の方は、まずかかりつけの産婦人科を受診した方がいいでしょう。

喉(のど)のクラミジア検査は、耳鼻咽喉科だけでなく泌尿器科や婦人科でも受けられる場合があります。ただし、喉のクラミジア検査を実施していない病院もあるため、時間を無駄にしないためにも事前にWEBや電話で確認をとってから受診しましょう。

検査を受けるタイミングは感染から3日目以降

クラミジアの検査を受けるなら、感染日から数えて3日目以降が望ましいとされています。感染した疑いのある当日や翌日でも可能ですが、病原菌を正確に検出できない可能性が高くなるため注意が必要です。クラミジアの病原菌は発育速度が遅く、正確に検出できる状態になるまで1~2日ほどかかります。

クラミジアの潜伏期間は通常1~3週間とされていますが、必ずしも期間内に発症するとはかぎりません。気づかない内に感染範囲がひろがり、不妊症などの重大な合併症につながるリスクも指摘されています。明確な自覚症状がある場合はもちろん、たとえ無症状でも、感染の心あたりがあるなら早めに検査を受けておくことが大切です。

クラミジア検査は痛い?感染箇所や男女で違う検体の採取方法

クラミジアの検査では、まず性器や喉の粘膜に病原体が感染しているかを調べます。これは「抗原検査(こうげんけんさ)」という方法で、感染箇所や性別ごとに検体を採取する方法が違います。それでは、クラミジア検査に欠かせない検体の採取方法を確認してみましょう。

【男性のクラミジア検査】
採尿または尿道に綿棒を挿入して検体を採取

男性の場合は尿から検体を採取します。最後に排尿してから2時間以上が経過した後の初尿(出始めの尿)が必要です。すでに排尿痛などがでていなければ、検体採取時の痛みはありません。

尿道に綿棒を挿入して検体を採取するスワブ法しか実施していない病院もあります。なるべく“痛い検査”を避けたい方は、事前に確認をとったうえで受診するかを判断しましょう。

いずれの場合も、検査前2時間以内の排尿は無理のない範囲で我慢しましょう。排尿によって尿道粘膜に感染した病原菌が流れ出ると、正確な検査結果が得られません。

【女性の性器クラミジア検査】
綿棒で膣の奥にある子宮入口の粘膜から検体を採取

女性の場合は、子宮の入口(子宮頸管)の粘膜を綿棒で軽く拭って検体を採取します。人によっては少し出血することもありますが、ほとんど痛みはないので心配いりません。検査前に過剰に膣内を洗浄すると、病原菌が一時的に洗い流されて精度が下がりますので控えてください。また、生理期間中は、検体に血液などの不純物が混ざり精度が落ちますので、できる限り避けるべきとされています。

追加で血液検査を受けなければならない場合もある

女性の性器クラミジアは、子宮頸管から検体が採取されるとは限りません。なぜなら、クラミジアの病原菌は、子宮頸管だけでなく子宮内部や腹膜にも感染する可能性があるからです。仮に腹痛など子宮頸管以外への感染を思わせる症状があると、追加で血液検査をすすめられる場合もあります。血液検査では、血液中にクラミジアの病原菌を攻撃する物質(抗体)ができているかを調べます。

【咽頭クラミジア検査】
うがい液または綿棒で喉の粘膜から検体を採取

咽頭クラミジアの検査は、うがい液(生理食塩水)で検体を採取します。ただし、うがい液を使った検体の採取法は、全ての病院において実施されているわけでありません。なかには、綿棒で咽頭の粘膜から採取する方法を採用している病院もあります。うがい液での検査を希望される方は事前に確認をとってから病院を受診しましょう。

どちらの方法で検体を採取するにしても、検査前2時間以内の食事(ガムを含む)やうがい、歯磨きをは控えましょう。採取できる病原菌が減ってしまうことで、検査の精度が落ちてしまいます。

病院のクラミジア検査にかかる費用と結果がわかるまでの日数

クラミジア検査にかかる費用は、保険診療を受けるかどうかで下記表のとおり大きな差がうまれます。また、検査の種類によっては、結果がわかるまでの日数も違いますので、予算や時間の都合に合う検査方法を選びましょう。

検査にかかる費用の目安
検査の種類 保険診療 自由診療
性器クラミジア検査 3000円 10000円
咽頭クラミジア検査 3000円 10000円
診察料+薬代 1500円 5000円
合計 7500円 25000円

クラミジアの検査を保険診療価格で受けるためには、自覚症状があらわれた状態で病院を受診し、保険証を提示する必要があります。ただし、自由診療しか行わない(保険証がいらない)方針の病院も多くあるため、なるべく安い費用で検査を済ませたい方は、電話やWEBでの事前確認を忘れないようにしましょう。

自由診療しか行わない病院では、性器と喉の同時検査や、他の性感染症との同時検査が、割安なセット料金で実施されている場合もあります。

【保険診療または自由診療】
3~7日で結果がわかる一般的なクラミジアの検査方法

クラミジアの検査結果がわかるまでには、性器や喉それぞれで通常3~7日ほどかかります。日数がかかるのは、検体に含まれた病原菌のDNA(核酸)を、検出精度を高めるために数日かけて増やしているからです。これは「核酸増幅法(かくさんぞうふくほう)」という、最も確実性が高い検査方法です。

検査の結果自体は3日前後でわかりますが、病院を受診する曜日によっては5~7日ほどかかる場合もあります。これは、多くの病院が専門の検査機関に採取した検体の調査を委託しているためです。検査機関が稼働しているのは、基本的に平日のみとなります。なるべく早いタイミングで検査結果を知りたい場合は、月曜日や火曜日に検査を受けましょう。

【自由診療のみ】
保険は効かないが受診当日に結果がわかる即日検査

一部の病院では、結果が30分~1時間ていどでわかる性器クラミジアの即日検査を実施しています。早く結果がわかる反面、病原菌の検出精度が低いという問題点があります。つまり、病原菌が十分に繁殖していない場合などは、陽性反応を見落としてしまう可能性が高くなるのです。

そのため、即日検査は、病原菌が検出される可能性が高い自覚症状のある方に向いているといえます。仮に陽性反応がでれば、検査した当日に治療を始めることが可能です。ただし、保険適応が認められていないため、自覚症状の有無にかかわらず費用は全額自己負担となります。

無料かつ匿名で受けられる保健所のクラミジア検査

全国の保健所では、HIVと同時に検査することを前提として、クラミジア検査が無料で実施されています。ただし、全ての保健所で実施されているわけではなく、性器クラミジアの検査または血液検査の一方しか受けられない場合がほとんどです。

実施日について東京都内の保健所を例にしてすると、29ヶ所ある内、8割以上にあたる24か所では平日限定であり、曜日や時間帯も細かく指定されています。また、およそ全体の3分の1にあたる19ヶ所では予約が必要で、1日の定員が決まっている場合もあるのです。

結果を受け取れるのは検査を受けた日の1~2週間後となり、改めて保健所に足を運ばなければなりません。結果が陽性だった場合、保険診療が受けられる病院を紹介してもらえます。

保健所で実施されているクラミジア検査は、平日のスケジュールが空いている方にとって利用しやすいサービスといえます。費用の節約を希望される方は、一度お住まいの近くにある保健所に問い合わせてみましょう。

自宅でクラミジア検査ができる専用キットの精度と値段

クラミジア検査キットを自宅に取り寄せれば、誰にも会わずに感染状態を確認できます。自覚症状はないが感染しているか不安、恥ずかしくて病院に行けない、仕事で忙しく通院する時間がない、という方に便利なサービスです。検査キットの種類は、国内製と海外製と大きく分けて2種類の商品があります。

国内製の商品は、性器と喉の粘膜から検体を採取して数日かけて精密検査を受けるタイプです。専門の検査機関が調査をするので病院と同等の精度が期待できる反面、必要書類を記入したり採取した検体を返送する手間がかかります。国内製品の値段は、性器と喉それぞれで3000円前後が目安です。

一方、海外製の商品は、性器クラミジアの簡易検査ができる使い捨てタイプです。国内製に比べて精度は僅かに低いですが、どこにも返送する必要がなく、検体を採取してから15分後には結果がわかるという手軽さが魅力といえます。海外製品の値段は、国内製品と同じく3000円前後が目安です。

クラミジア検査の結果が陽性でも抗生物質を使えば完治できる!

クラミジアは病院で検査するのが最も確実です。とはいえ、予算やスケジュール、プライバシーなど様々な理由により、感染の不安を抱えたまま通院できない方は少なくありません。クラミジアに感染している不安があるのなら、なるべく早めに自分に合った方法で感染状態を確かめましょう。

もちろん、感染状態が確認できるまでは性行為を避けておいた方が賢明です。性行為が避けられない場合は、必ずコンドームを必ず着用する、オーラルセックスは控えるなど、感染拡大を予防するための対策をとりましょう。

また、特定のパートナーがいらっしゃる場合は、ピンポン感染を防ぐためにも2人で検査を受けることが大切です。たとえ検査の結果が陽性でも、適応する治療薬を使用すれば問題なく完治できます。

クラミジアを完治させる薬の種類と治療期間中の【重要な】注意点

ページの先頭にもどる




Copyright © 2016 おしえてSTD(@通販) All Rights Reserved.